MAOI-WAGYU

一貫肥育について

ビーフ・ズーシーに使用しているブランド和牛

「馬追和牛」の飼育のこだわりについて

​ご紹介いたします。

追和牛®︎

馬追和牛は北海道の長沼ファーム様で

一貫肥育で育てられているブランド和牛です。

 

一頭一頭牛の生に対して真摯に向き合い、

それぞれの性質や成長度合いに合わせた肥育を行う事で

能力を最大限に引出しております。

 

エサには良質な牧草・稲ワラ以外に発酵飼料

(ビール粕サイレージ・米粕発酵飼料)等も与えており、

ストレスの無い飼育環境で人が大切に育てているので、

馬追和牛の肉の旨味成分であるオレイン酸含有率が高いです。

まおい

出生から出荷まで

【受精】

獣医師、受精師の指導の基、最適な状態で受精させます。

【妊娠確定~分娩期間】

受精から45日~60日を目途に妊娠が確認出来れば、

人と同じ10か月10日間の妊娠期間を過ごし、分娩を待ちます。

分娩予定の1か月前からいつ生まれてもおかしくない状況の為、

個室管理を行い、細やかな見回りでいち早く分娩兆候を発見し、

分娩開始に備えます。

【出生】

分娩後は子牛は3日間はお母さん牛と一緒に過ごし、

それから後90日間は人口保育に入ります。

この期間は頑丈な骨格づくりには大事な期間となります。

【離乳・育成期】

約90日間の保育期間が終わると、草食動物としての

本来の姿の通り、良質な自社産の牧草を十分に食べ、

丈夫な胃袋をつくります。

そして、生後3か月齢から6か月齢になると

当社のもう1つの牧場である長沼本場へ、

肥育に向ける牛は移動されます。

出生

妊娠確定〜

​分娩期間

受精

​離乳・

​育成期

安平分場から移動してきた牛たちは、

9か月齢までは育成期と同様に良質な牧草を食べ、

それぞれの牛の成長度合いに合わせ、飼料を与えます。

13か月以降の肥育期間は、美味しい馬追和牛に

仕上げる為のとても重要な時期に入ります。

長沼ファーム様の長年の経験を活かし、

毎日それぞれの牛の顔や身体つきを見て、

病気や健康面などに問題が無いか確認します。

そして28ヶ月齢を目安に最適に仕上げて出荷しています。

長沼ファーム様では長年の

経験で得た技術を駆使して、

牛の管理が難しいとされている

一貫肥育でも、一頭一頭に

愛情を注いで肥育しております。

愛情をたくさん注がれて

美味しく育った馬追和牛の

ビーフジャーキーと、

当社の長年の技術を用いた

発酵食品の「飯寿司」が

融合した新しい飯寿司が

「ビーフ・ズーシー」です。

長沼ファーム様では長年の経験で得た技術を駆使して、

牛の管理が難しいとされている一貫肥育でも、

一頭一頭に愛情を注いで肥育しております。

愛情をたくさん注がれて美味しく育った

馬追和牛のビーフジャーキーと、

当社の長年の技術を用いた発酵食品の「飯寿司」が

融合した新しい飯寿司が​「ビーフ・ズーシー」です。

Copyright© 中井英策商店 All Rights Reserved.